「内視鏡室ブログ」記事一覧に戻る。

経鼻内視鏡でもオエッとなる方へ

Pocket

オエッとなる嘔吐反射を起こさない楽な内視鏡として開発された経鼻内視鏡ですが、それでも何回もオエッとなってしまうという方も多くおられます。

左の写真のように、

舌を前に出して歯で軽く噛んでおきましょう。

経鼻内視鏡では、舌の付け根にスコープが接触しないので嘔吐反射が起こりにくいと言われます。

胃カメラの検査では経鼻でも経口でも口、のど元に異物がある状態なので、思わず舌で触りたくなるものです。

舌を動かさないのが胃カメラを楽にうける一つのコツなのですが、経口内視鏡ではその感覚を言葉で表現することはなかなか難しいですね(得意・不得意、個人差が大きいです。)

でも経鼻内視鏡では口が自由なので、歯で軽く噛んで固定しておくことによって、より嘔吐反射を抑えようという発想です。

嘔吐反射は舌根への接触でのみで誘発されるわけではありません。
不愉快なものを見て、オエッとなることもありますよね?

いかにリラックスできるかが最も大事なポイントです。

オエッとなる(嘔吐反射)・・を和らげるために