整形外科

Pocket

痛みに合わせて医術、あんまマッサージ、柔道整復からベストな治療を

見島医院の整形外科の特徴、それは何と言っても医療を専門とする医師のみならず、あんまマッサージや指圧のスペシャリストであるあん摩マッサージ指圧師や、テーピング技術やスポーツマッサージを施す柔道整復師がスタッフとして常駐し、患者さまの診断と治療にあたっていること。

seikei-flow

様々な身体の痛みに悩まれる患者さまがご来院された場合、まずは医師が中心となってその痛みの原因や程度などについてを診断し、解決方法についてを説明させていただきます。

それから具体的な治療方法について当院の医師・あん摩マッサージ指圧師・柔道整復師が連携してベストな治療方法についてを考えたうえで、患者さまにアドバイス。 実際の治療プロセスへと移っていただきます。

患者様の痛みをとること、痛みの原因を根治させるためにベストなアプローチを選択します。

当院での診療は、医療保険で受けていただけます。ごく一部の材料費を除き、別料金の必要な自由診療は行なっておりませんので、ご安心下さい。

キネシオテーピング~変形性膝関節症の治療例~

膝に慢性的な痛みにお悩みの方には変形性膝関節症という疾患が多く見られます。

変形性膝関節症とは、全体重がかかる膝関節のクッションである軟骨のすり減りって、膝関節に炎症が起き、痛みが生じる病気です。
中高年の方、特に女性に多く、50歳以降になるにつれて患者さんの数が増えていきます。

関節炎

症状が進行すると、膝が曲がりにくく正座が出来ない、逆に膝が伸びきらないといった症状が現れます。また、炎症のため膝がむくんだり、熱感をともなうようになります。
どんどん進行した場合、最終的に人工膝関節置換術などの整形外科手術が必要となる場合が多く、早期治療により進行を予防することが重要です。

当院では変形性膝関節症の治療の一つの選択としてキネシオテーピング療法をおすすめしています。
キネシオテープとは患部を固定するものではなく、筋肉に沿って貼ることにより、痛みやむくみを改善する効果が得られます。

メリットはテープかぶれが無ければ副作用の心配がなく、テープを貼った直後から、痛みが緩和する即効性が比較的高いことがあげられます。膝に水が溜まってむくんだときも、関節注射で水を抜いたり、薬剤注射をしなくても、キネシオテーピング療法のみで数日で改善することが多いです。
膝の水が多く症状が強い場合には関節注射とキネシオテーピングを併用する場合もあります。

またキネシオテーピングは膝だけでなく、肩痛や腰痛にも幅広く使用することが出来ます。

当院では、症状再発の防止に重点を置き、その後の運動指導や必要に応じて適したサポーター装着の御相談も承ります。

マッサージのすばらしさ~当院あん摩マッサージ指圧師より~

マッサージ私たちのマッサージは、人間が生まれながらにして持っている、ケガや病気を治す力、つまり、《自然治癒力》 を高めます。

体調が悪くなったり、病気になるのは、「血の巡り」が滞っていることが多いのです。

身体の中で、「気や血」が滞りだすと、体調不良や病気という形で表れてきます。
なので、身体の中の血液の流れをよくすることが、体調を整えて、病気を防ぐことになるのです。

要するに、血液の流れがよくなると、身体が軽くなり、気持ちも明るくなってきます。

東洋医学の特徴である 《心身一如》 の考え方では、健康な身体は、心身が共に充実していることです。
つまり、健康な心が身体をつくり、健康な身体が心をつくる。
心と身体はひとつ、一体であるという考え方です。

健康を保つには、病気に負けない力 (抵抗力) をつけておくことや、疲れをためないこと、また、身体に痛みが出たら、早めに修復することが大切です。

そのままにしておくと、痛みの部位をかばい、身体のバランスをとろうと他の部位に負担がかかり、何でもない部位まで悪くなってしまいます。
私たちは、問診・触診・聞診・視診をしっかりとし、患部に適したマッサージを行い、一人でも多くの患者様方に、「楽になった」 と喜んでいただけるような施術を心がけ、日々努力しています。

《未病治》 病気になってから治療するより、病気にならないように養生することが大切です。