内視鏡室ブログ

ピロリ菌の除菌・保険適用の拡大について

ヘリコバクター・ピロリ菌については、メディアでも多数取り上げられ、多くの患者様からご質問をいただくようになりました。 ピロリ菌の除菌治療については、これまで内視鏡にて胃潰瘍や十二指腸潰瘍、その他の疾患が認められる場合にの… もっと読む »

大腸カメラ 癒着・お腹の手術歴について

大腸カメラを受けたことのある方で、検査の時に「お腹の手術歴はありますか?」と聞かれたことのある方は多いと思います。開腹手術を受けると傷が治る際に、多かれ少なかれ癒着が生じます。大腸はお腹の中で一部ブラブラしているので、腹… もっと読む »

ピロリ除菌治療の効果・メリット(番外編)

ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌治療についての番外編です(本編は今のところありません。) ピロリ菌については、ウェブ上でも様々な情報があり、除菌治療を行うことで、 ①胃潰瘍・十二指腸潰瘍の再発率を下げる。 ②胃癌になりにく… もっと読む »

癌の心配

「癌の症状は?」という質問に対する回答は「無症状」です。 大腸癌・胃癌もしくは他の癌であっても基本的には無症状です。 癌が進行して、出血したり他の臓器に浸潤・転移をすると症状が出現するわけですが、様々な症状があるので、一… もっと読む »

大腸カメラ検査の流れ

大腸カメラを受けるときの当院での流れをご紹介します。下剤の飲み方や検査時間は、施設によってまちまちですが、大体同じように考えていただけると思います。 ①検査の2日前から、便を軟らかくするお薬と軽い下剤を内服していただきま… もっと読む »

お腹の張り

胃カメラでも大腸カメラでも、検査中はスコープから送気(通常は空気を送ります)して観察を行います。 普段の胃と大腸は、しぼんだ風船のような状態なので、出来るだけ死角を少なくして観察するために、空気で風船を膨らませるのです。… もっと読む »

検便検査(便潜血検査)で陽性であれば・・

検便検査で陽性であれば・・・ 必ず大腸カメラの検査を受けましょう。 検便検査で陽性になったからといって、確かに必ず大腸がんが見つかるわけではありません。 便潜血検査で要精密検査とされる方の割合は約7%と言われますが、その… もっと読む »

がん検診を受けましょう

がん検診を受けましょう。 日本では市区町村などの住民検診の受診率が25%以下にとどまります。 出展:独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センター がん検診を受けることの有効性は、無作為化比較対照試験(Random… もっと読む »

経鼻内視鏡でもオエッとなる方へ

オエッとなる嘔吐反射を起こさない楽な内視鏡として開発された経鼻内視鏡ですが、それでも何回もオエッとなってしまうという方も多くおられます。 左の写真のように、 舌を前に出して歯で軽く噛んでおきましょう。 経鼻内視鏡では、舌… もっと読む »

胃カメラの検査中、ムセてしまわないために

「ムセて窒息しそうになるから胃カメラは嫌だ!」というのも、嫌われる1つの要因ですが、これも受け手の工夫で防ぐことはできます。 胃カメラの検査でむせてしまうのは、唾を飲み込んでしまうからです。通常、食事を飲み込むときは気管… もっと読む »