「内視鏡室ブログ」記事一覧に戻る。

大腸カメラ 癒着・お腹の手術歴について

Pocket

大腸カメラを受けたことのある方で、検査の時に「お腹の手術歴はありますか?」と聞かれたことのある方は多いと思います。開腹手術を受けると傷が治る際に、多かれ少なかれ癒着が生じます。大腸はお腹の中で一部ブラブラしているので、腹壁などに癒着(くっつく)が生じることがあります。開腹手術の後、腸閉塞という病気を起こされる方がおられますが、これは癒着によることが多いです。お腹の手術歴がなくても、癒着がある方もおられますが、大多数がお腹の手術歴のある方に見られます。

大腸カメラの検査の時に、「お腹の手術歴はありますか?」と聞かれるのは、この癒着があるかどうかを内視鏡医が想像しているからです。癒着があったからといって必ずしも大腸カメラを入れるのが難しくなったり、痛みが生じるわけではありませんが、より慎重に内視鏡検査を行う必要があります。

お腹の手術歴を伺ったときに、「ありません」とおっしゃる患者様にさらに「盲腸の手術もありませんか?」とさらに尋ねると、「盲腸は手術したことがある。でもずいぶん若いときだから関係ないかと思った。」とお答えになる患者様を時々見かけます。
虫垂炎(いわゆる盲腸)の手術は癒着が生じていることが比較的多く、手術を受けてから年数が経過していても癒着は残っています。

大腸カメラを受けられる際に、あらかじめ手術歴を内視鏡施行医に伝えましょう。
よく見かけるのは、虫垂炎(盲腸)、子宮・卵巣の手術、腎摘出術、胃手術、大腸手術、肝臓・胆嚢の手術歴です。